2020/05/23

擂り下ろし ツンと鼻抜く 皐月かな

今日も家飲み。

20200524025235484.jpg
まずはいいちこから。水割りで3杯。

じゃこおろしが無性にウマい。先日バーOでマスター相手に、これにかけるのはポン酢であるのか醤油であるのかで意見が分かれたのを思い出す。結論どっちも美味しいのだけど、自分は醤油をかけるほうが少し好きだ。

思うに大根という野菜は、刺身のツマのように生でも食べるし、大根ステーキとか焼いて醤油で味付けてもイケるし、魚やお肉と煮たり炊いたりしてやってもしっかり自分の仕事をする。
単体で煮て味噌を付けてやっても美味しいのだけど、やはり他の食材と一緒くたにして調理するのが本領を発揮するような感じだ。その筆頭はおでんだろう。

そして他の野菜と比べたときの決定的な特徴が、すりおろして用いるという点だ。すりおろさない野菜が他に無いわけではないけれど、大根ほどすられている野菜はあまり無い。
ワサビやショウガは薬味なので、ちょっとカテゴリーを別にしたい。

たしか大根を日常的に食している国って、日本以外にはあまりなかったんじゃないだろうか。たぶん独特の辛みのような成分が、他の国では薬味扱いされてたりするのかもしれない。なのに日本では、お味噌汁の具にもするし、漬物にもしちゃうし、切り干しして炊いちゃったりまでするのだから、八面六臂の活躍と言っていいだろう。
そう考えると「大根役者」という言葉は、すごく演技の幅が広くてどんな芝居にもフィットする、とても器用な役者を指すのではないかと勘違いしてしまいそうだ。


20200524025248543.jpg
冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた津島屋を。

アメトーークがとうとう在庫が切れたのか、リモート対応で放送していた。厳しい制約があるなかで、なんとか形を成したプログラムを制作しようという心意気は立派なものである。
どうしてもまだぎこちなかったり、進行が円滑に進まない場面が多いのだけど、ちょっとずつ改良を加えて、ストレスの少ない番組に進化していけばいいと思う。その成果は、たとえコロナが完全に終息したとしても、その後の番組作りに活かされることがきっとあるだろうし。

3合くらい飲んで、残りは2合くらいになった。次の飲みで空いてしまうな。


20200524025325028.jpg
トリスの水割りに変える。

どうしても家飲みにおいて、焼酎から日本酒を経てウィスキーに移ると、脳が勝手に(今日はもう終わりだな)と判断するのか、瞬く間に寝落ちしてしまいがちなんだけど、この時も、(無理せずちょっとでもヤバそうなら早々に諦めて、早く寝ろよな)と意識していたにもかかわらず、


20200524170820324.jpg
やっぱり寝ていた。情けない。

そして中途半端な酔いを再び酩酊へいざなうべく、ここからもう2杯か3杯飲んでしまったのだった。勘弁してくださいよ。
posted by らいた at 02:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020/05/21

スピン ザ ブラックサークル

およそ1週間ぶりの外飲み。
自分が住んでいる土地ははっきりと緊急事態宣言が解除されたので、夜の町は少しずつ灯りが増えてきているような印象を受けた。気のせいかもしれないけど。

完全にコロナ以前のような状態に戻るには、まだもう少し時間がかかると思われるけれど、後退ではなく、停滞でもなく、微量ながらも前進の気配がしてきたことは歓迎すべきことだろう。あんまり調子に乗ってもいけないが。

まず家を出て、バーSに向かってみたら依然臨時休業の貼り紙がしてあった。ひょっとしたら5月いっぱいはもう開けないつもりなのだろうか。


20200522083506866.jpg
そんなわけでバーOへ。
テキーラサンライズ、サイドカー、フィンラガン、タリスカー。

先客は中年男性が1人だけ。ソーシャルディスタンスをたっぷり意識した離れた端っこのカウンターに座り、マスターと何か話をされていたので静かに大人しく飲んでいた。
その男性客の顔には目を向けていないが、声と話し方にどことなく聞き覚えがあるのに気づいた。どこで聴いた声色だったか、しばらく記憶を掘り探ってみたが、はっきりと特定するには至らず。
まあ地元の人で、こういったバーへ長年飲み歩いている人ならば、ウロウロするお店の範囲も自分と同じようなところばかりと思われるので、いつかどこかですれ違っている可能性はかなり高い。だいたいこのあたりの土地は、ある程度しっかりしたバーという店舗の数は非常に限られている。

3杯目を飲んでる辺りでその方が帰られ、あとはマスターとマンツーマンでいろいろ話した。野菜の話やブランデーの話、マスターの住まいのベランダの話、屋台の話や、家でどう過ごしているかみたいなことを雑多に。
わりと話は盛り上がったのでもう数杯飲もうかと思ったけど、この店に来る途中にスナックSの灯りが点いていたのを見つけていたので、4杯で切り上げる。


20200522083513704.jpg
表の看板は消えていたけど、店内の照明は点いていたので中に入って伺うと、飲ませてくれた。ただこの日はママさんが休みで、チーママ的な女性スタッフ1人だけの営業だったが、とくに問題はないのでハウスボトルのローヤルを水割りで。
先日この店に来た時に、貸し切りで断られたのだけど、ママさんの厚意でウィスキーのボトルを1本タダで頂いてしまったので、それのお礼でやってきたようなものだ。

先客は30歳くらいの若い男性1人だけだった。彼がカラオケを歌う間にたまにスタッフと話したり、たまに3人で話したり。客が男2人でスタッフも1人だけという、なかなかの場末感が店内に充満していたけど、会話の内容もバラエティに富んだし、たまに下ネタも混じったりしつつ、またこの男性がなかなか爽やかな飲み手だったので、かなりクールな空間だったと言えると思う。ひさしぶりに、スナックで飲んでてかなり楽しかったなと思えた。





20200522083523348.jpg
帰宅してトリスに手が伸び、飲み始めようとして、口をつける前に座ったまま寝てしまった。帰ってきたのは1時前後だったと思うので、2時間くらい寝ていたようだ。思い返せばスナックSで、場が盛り上がって楽しくて、ローヤルのウィスキーを7〜8杯は飲んでいたような気がする。

それで上記の画像の時間に目を覚まし、調子に乗って飲み始める。まあせっかくグラスに注いだんだからなという、言い訳になってない理由をこじつけて。
上の画像がバグっているのが、こちらの頭の中の状態とシンクロしているようで気味が悪い。




20200522083528015.jpg
そして気が付けばまた寝落ちしていた。何時頃に寝たのかはっきり分からないが、ずいぶん眠気が解消されて少し頭がはっきりしていたのだけ覚えている。

身体が少し冷えていたので、足元の電気ストーブのスイッチを入れ、しばらく足を温めていたら全身の意識がクリアになったような勘違いを発動し、ここからもう2杯くらい飲んでしまった。これはひどい。
posted by らいた at 08:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020/05/19

アーティクル トゥ オブザーベーション

2日連続で家飲み。

20200520025511625.jpg
いいちこから。冷蔵庫で冷やしておいた水割りで。

2杯目くらいから、なんとなくぼんやりとした酔いの回りを自覚していた。やっぱり1年前、2年前に比べると、明らかに弱くなってきている気がする。
仕事を辞めて、意識的に飲む量を減らしてきた。1晩の量としてはたまに無茶苦茶飲んでしまう日もあるのだけど、仕事をしていた頃に比べると、飲まない日が月に2〜3日は増えていると思う。無職の分際で酒ばかりに溺れるのは良くないので、自分である程度積極的に飲まない日を設けなければという意識があった成果といえるだろう。
そのためひと月単位で考えると、月間の飲酒量は確実に減っている。筋トレする日を減らせば筋肉量が落ちるのと同様に、飲む量が減れば耐性も落ちていくというのは妥当な帰結だ。


飲むペースも、当時と比べると少しゆっくりになってるかもしれない。なにしろ時間だけはふんだんにあるので、酔うのを急ぐ理由が無い。その分じっくり味わってお酒を楽しめるようになってると思うし(自分では客観的に判断できないが)、急激なペースで血中アルコール濃度を爆上げさせるよりは、緩やかに酔いを享受出来ているだろうなので、身体には良いだろうけれど。


とにかく有用に使える時間がたくさんあることが何より贅沢だ。無職になって1年以上経過して、いまだに再就職に向けてあまり気持ちが動かないのも、それだけが理由だと言える。貯金もかなり減ってきててあまり悠長に構えているわけにもいかないのだけど。

「あぁぁぁぁ! することが無い! 暇だ!!!」ていう風にならないと、働こうという気分にならないかもしれない。それはまずいな。これから暑くなっていけばなおさらモチベーションも上がりにくいだろうし。


20200520025643044.jpg
いいちこを3杯飲んで、津島屋を。キリリと冷えた冷酒が喉を滑り落ちていく体験は、得も言われぬほどエモい。
冷たい液体がそういった感想を導き出すのだから、気候がじわじわと冷酒にマッチしたものになってきているということか。
だいたい3合くらい飲んだ。


20200520153504500.jpg
とどめにトリスを水割りで。

飲み始めてから3時間くらいしか経ってないし、飲んだ量的にもそこまでと思っていたけど、2日連続による効果なのか、やはり弱くなってきてるのか、2杯目を飲んでる途中であえなく寝落ち。

7時頃に目を覚まし、もう少し酔いを足したくなったけど、なんとかその悪癖を振り払ってベッドに倒れる。
posted by らいた at 02:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする